前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

134 ジョージクルーニ・デンゼルワシントン・ジュリアロバーツ
2000/12/10(日)04:06 - 芦田 - 17957 hit(s)


 ジョージ・クルーニの『ザ・パーフェクトストーム』、デンゼル・ワシントンの『ザ・ハリケーン』、ジュリア・ロバーツの『エリン・ブロコビッチ』を最近、立て続けに見てしまった。この三者の映画に共通することは、すべて「事実」に基づいているということだ。実話なのだ。実話映画というのは、大成功か大失敗かどちらかだ。この三者とも大失敗。

 『ザ・パーフェクトストーム』は、とんでもない映画。「史上最大の暴風雨」にジョージ・クルーニ船長(4、5人の乗組員がともに乗船)の漁船が遭遇するのだが、最後まで見て、唖然。船長も乗組員もみんなその「史上最大の暴風雨」で最後には死んでしまうのです。いったい、この話はどう実話なのか。「史上最大の暴風雨」との船上での戦いがほとんどを占めるこの「実話」映画は、いったい誰がそういった戦いを伝えたのか。一人くらいは生き残ってくれないと「実話」ではない。「史上最大の暴風雨」のすごさよりも何よりも、それが一番のショックだった。

 『ザ・ハリケーン』は、黒人差別による冤罪事件。最後には無罪を勝ち取るが、絶望的な差別的冤罪から、新しい隠れた事実を探り当て、勝訴に持っていくその過程が、映画の中では一番粗雑に描かれていて、むしろ周囲の励ましや熱意、正義感といった抽象的な要素に映画全体が甘えていた。これでは「実話」の意味がない。

 『エリン・ブロコビッチ』は、最初から最後までジュリア・ロバーツの胸のふくらみにしか目が行かなかった。元々彼女はそれほど胸が大きいわけではないから、きっと寄せてあげて大きく見せていたのだろう。ときおり、胸の大きさが違ったりするので、それはよくわかった。エリン・ブロコビッチという実在の人物が、そのように胸の大きな人だったらしい。しかし、少し知的な顔立ちのジュリア・ロバーツに、あの上げ底の胸は似合わない。なぜ、そんな「胸」の「実話」にこだわるのか。エリン・ブロコビッチの「事実」とはこの映画では結局のところ「胸」の大きさでしかない。

 むかし、江藤淳が村上龍のデビュー作「限りなく透明に近いブルー」を評して、主人公の実在性に作品が甘えていると言っていたが、この三者とも、同じように「事実」に甘えて、作品としての仕上がりが低い。

 「実話」という意味では、夏休みに見た『遠い空の向こうに』(ジョー・ションストン監督)の出来の方がはるかによかった、と思う。主人公の「僕はお父さんと同じ道を目指しているから、違うことをやりたいんだ」と叫ぶシーンは、ジーンときました。

 ところで、トヨタのマークUのTVコマーシャルに出ているジョージクルーニは最高ですね(ジョージクルーニが漁船の船長なんて、ミスキャストもいいところだ)。というより、マークUをジョージクルーニのイメージにつないだCMディレクタがすごいと思います。まったくぴったり。

 この“ぴったり”というのは、両者に共通のイメージがあるという意味でではない。ジョージクルーニだけを見ても、マークUをイメージすることはまったくないし、マークUだけを見てもジョージクルーニをイメージすることはまったくないけれども、トヨタのこのコマーシャルを見るとジョージクルーニは、マークUだったんだ、マークUはジョージクルーニだったんだ、と思わず納得してしまう。そこがすごい。

 マークUなんて、私は車としてはまったく認めないけれど、この両者が結びつくといい車に見えてくる。要するにマークUに乗る日本人は、みんなジョージクルーニなんだ、このコマーシャルを見て以来、私はそう思うようにしている(そう思うようになった)。あり得ないことが起こる。それがCM(広告)というものだ。


〔ツリー構成〕

【134】 ジョージクルーニ・デンゼルワシントン・ジュリアロバーツ 2000/12/10(日)04:06 芦田 (3041)
┣【135】 re(1):ジョージクルーニ・デンゼルワシントン・ジュリアロバーツ 2000/12/11(月)23:40 MASASHI (732)
┣【138】 re(2):ジョージクルーニ・デンゼルワシントン・ジュリアロバーツ 2000/12/12(火)01:20 芦田 (3009)
┣【139】 re(3):ジョージクルーニ・デンゼルワシントン・ジュリアロバーツ 2000/12/12(火)07:28 MASASHI (1009)
┣【140】 re(4):ジョージクルーニ・デンゼルワシントン・ジュリアロバーツ 2000/12/12(火)17:03 佐藤  (1293)
┣【142】 re(4):ジョージクルーニ・デンゼルワシントン・ジュリアロバーツ 2000/12/13(水)00:54 芦田 (4167)
┣【143】 re(5):ジョージクルーニ・デンゼルワシントン・ジュリアロバーツ 2000/12/13(水)02:37 MASASHI (2012)
┣【144】 re(6):ジョージクルーニ・デンゼルワシントン・ジュリアロバーツ 2000/12/13(水)07:04 佐藤  (1125)
┣【146】 re(6):ジョージクルーニ・デンゼルワシントン・ジュリアロバーツ 2000/12/13(水)23:38 芦田 (5624)
┣【147】 re(7):ジョージクルーニ・デンゼルワシントン・ジュリアロバーツ 2000/12/14(木)00:00 MASASHI (150)
┣【150】 re(7):ジョージクルーニ・デンゼルワシントン・ジュリアロバーツ 2000/12/14(木)05:27 MASASHI (4393)
┣【151】 re(8):ジョージクルーニ・デンゼルワシントン・ジュリアロバーツ 2000/12/14(木)10:11 佐藤  (1805)
┣【153】 re(8):ジョージクルーニ・デンゼルワシントン・ジュリアロバーツ 2000/12/14(木)13:23 芦田 (8055)
┣【155】 re(9):ジョージクルーニ・デンゼルワシントン・ジュリアロバーツ 2000/12/15(金)00:09 MASASHI (186)
┣【156】 re(9):ジョージクルーニ・デンゼルワシントン・ジュリアロバーツ 2000/12/15(金)00:50 MASASHI (499)
┣【161】 re(10):ジョージクルーニ・デンゼルワシントン・ジュリアロバーツ 2000/12/16(土)04:07 MASASHI (393)
┣【190】 re(10):エイリアン、あるいはUFOの存在について 2001/1/3(水)23:15 芦田 (2445)
┣【195】 re(11):エイリアン、あるいはUFOの存在について 2001/1/5(金)23:34 MASASHI (384)
┣【198】 re(12):エイリアン、あるいはUFOの存在について 2001/1/6(土)02:10 芦田 (51)
┣【201】 re(13):エイリアン、あるいはUFOの存在について 2001/1/6(土)05:38 MASASHI (936)
┣【202】 re(14):エイリアン、あるいはUFOの存在について 2001/1/6(土)10:30 芦田 (1043)
┣【203】 re(15):エイリアン、あるいはUFOの存在について 2001/1/6(土)14:17 芦田 (598)
┣【211】 re(16):エイリアン、あるいはUFOの存在について 2001/1/8(月)23:36 MASASHI (1156)
┣【212】 re(17):エイリアン、あるいはUFOの存在について 2001/1/9(火)00:02 芦田 (2020)
┣【215】 re(18):エイリアン、あるいはUFOの存在について 2001/1/9(火)04:56 MASASHI (2060)
┣【216】 re(19):エイリアン、あるいはUFOの存在について 2001/1/9(火)10:53 佐藤  (1249)
┣【217】 re(19):エイリアン、あるいはUFOの存在について 2001/1/10(水)02:32 芦田 (7011)
┣【220】 re(20):エイリアン、あるいはUFOの存在について 2001/1/10(水)04:38 MASASHI (211)
┣【233】 re(18):エイリアン、あるいはUFOの存在について 2001/1/15(月)15:35 ZENKO (896)
┣【235】 re(19):エイリアン、あるいはUFOの存在について 2001/1/19(金)00:41 芦田 (946)
┣【154】 re(4):パリ 2000/12/14(木)19:30 ZENKO (459)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.