[一覧へ戻る

 番号 日付  題名 投稿者 返信数  読出数
371 12/9(木)
23:55:21
 音が鳴らない! ― 12月のEMMANUEL,GOD WITH US  メール転送 芦田宏直  3082 

 
今日は、今週はじめて、自宅に19:00に帰れた。月曜日からずーっと22:00を優に超える日が続いていて(たぶん私は、世界で一番忙しい校長だ、「間違いない」)、家内の調子もよくない。「今日は早く帰ってきて」なんて、50才の家内に言われてもうれしくも何ともないが、とりあえず今日は言うことを聞くことにした。

早く帰っても(遅く帰っても)食事を作るのは依然として私。ふと魔が差して、エイミィグラントのEMMANUEL,GOD WITH US(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/music/B0000C23DV/samples/249-0078093-1002753)を聞きたくなった。何と言ってもクリスマスを迎える月には、この歌だ。それになによりも心が落ち着く。どんな悪人でも改心するかのように静かに聞き込んでしまう。みなさんもぜひ買って聞いてください。おすすめです。私などは愛車アルピナB10でリアドアを開けたまま機械式の駐車場に突入してしまい側壁でドアを傷つけたとき、もう死のうかと思いましたが、この歌を一日中聞いていたら心が落ち着きました(別にクリスチャンではありませんが)。

映画観賞用のオーディオ(サラウンド)でEMMANUEL,GOD WITH USを半年ぶりくらいで聞いていましたが、ひさしぶりにCD専用(音楽専用)のスピーカーとアンプで、“清い”音を聞こうと立ち上げたら、ショック!! 全然音が良くない。安物のサラウンド用ボーズスピーカーの方が音がよい。そんなバカな、とアンプ類の設定を確認してみましたが、特に変わったところはない。

CDを変えてみた。まず(ホイットニーの)THE BODYGUARDサントラ盤(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005EFWQ/qid=1102601210/sr=1-18/ref=sr_1_2_18/249-0078093-1002753 )、この中の. リサ・スタンスフィールドが歌い上げる「SOMEDAY」は、天下一品。私がアンプやスピーカーの調子を問うのは、エイミィイグラントのEMMANUEL,GOD WITH USとリサ・スタンスフィールドのこの「SOMEDAY」。もう一つは、ホグウッドのバッハ・バイオリン協奏曲第一番イ短調第一楽章アレグロ(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005FLRV/qid=1102601564/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-0078093-1002753)、最後は、ピノックのバッハ・チェンバロ協奏曲チェンバロ,弦と通奏低音のための協奏曲 ニ短調 BWV1052(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005FHKC/qid=1102601846/sr=1-3/ref=sr_1_2_3/249-0078093-1002753)。すべてかけてみたが(ほとんど一年ぶり)、全然ダメ。

スピーカーの前にあるものを全部払いのけて(ダイニングテーブルの位置まで変えて)、耳をスピーカーの高さにそろえて、姿勢を変えてまで聞き直したが、それでも音の立ち上がりが全然おそい。いわゆる「キレがない」(ビールじゃないですよ)。もっとはつらつとなっていたのに、どうしようもない。

ついに、有り金をはたいて90年代前半に買いそろえた私のダイヤトーンDS-10000(ピアノ塗りのダイヤトーン珠玉の名品)とアキュフェーズDP80、DP81、C-270、P-500の絶妙の組み合わせは、時を迎えたか。そう考えたら、急にお腹が痛くなってきて、トイレに駆け込んでしまった。

戻ってきて、今度は部屋を暗くしたが、それでもダメ。なんだか、恋いこがれていた昔の同級生に、街で会ったら、会わなきゃよかった、と思う感じに似ている。かけなきゃ良かった。昔聞いたときの音が出ない。家内も病気で倒れたが、このオーディオをもう終わりか、と余計に暗くなっていた。

ところが、1時間ほど、すったもんだしていたら、なんとなく音が変わりはじめて、「あれっ、この音だよね」と同じように暗くなっていた家内に聞くと「そうそう」ということになって、ダイヤトーンとアキュフェーズが秒単位で蘇りはじめた。映画用のアンプもスピーカー(BOSE+SONY E9000ES)も少なくとも1週間に一回は使用しているからいつでも元気だが、オーディオ用のダイヤトーンとアキュフェーズはほとんど使わないから目覚めるまで時間がかかるのだ。そんなことに今さらのように気づいた。マニアの中には、買ってきたアンプは潰れるまで電源ONのままにしている人もいるらしいが、わかる気がした。家内にも「機械もあなたの足もやっぱり温かくしていないとダメなんだね」と言うと大笑い。私も今日は、このまま朝までアンプとプレイヤーを付けっぱなしにしておいて、明日の朝、もう一度、先の四曲を聞いてみよう。若かったままの同級生が出現するかもしれない。みなさんも、家の中で置き去りにしているものがありませんか。たまには、机の中から出して磨いてあげましょう。もう今年も12月です。

クリスマスには、騙されたと思って、エイミィグラントのEMMANUEL,GOD WITH US(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/music/B0000C23DV/samples/249-0078093-1002753)を聞いてみてください。気に入らなければ、私が何枚でも買い取ります。


  返信を書く [一覧へ戻る]

371番まで読んだとして記録しました。[新着]モードで未読を表示します。